元事業経営者にして倒産経験のある内藤明亜の、倒産と闘う!ためのWebサイトです。

bnr_book

これまでの面接相談者数:873(2018.7.31.現在)

What's new

【はれのひ】問題を考える ③ 【はれのひ】はなぜ倒産したのか

経営危機コンサルタントのわたしに、【はれのひ】を擁護する意図は全くない。

わたしの企図はこの素材で、事業経営の問題点、危機管理、破綻処理(倒産処理)、 倒産犯罪、などについて理解を深めていただきたいのだ。

先に、【はれのひ】の倒産の背景解明のために、
・どうすれば【はれのひ】は経営危機に陥らないようにできたか
・どの段階で倒産を意識したのか
・どうすれば【はれのひ】の倒産は回避できたのか
・経営者としてどうあればよかったのか
・被害を少なくするのはどうすればよかったか
・自らのダメージを少なくするにはどうすればよかったか、
を探っていきたいと書いた。

本稿では上

【改定】 開業企業率と廃業企業率

※ このエントリーは、2016年5月4日に三度目の修正をしたものを、2018.8.6.に全面的に改定した。

※ 改定前の『開業企業数と廃業企業数』はそのまま置いておく。

改定した理由は、総務省の[企業統計調査]に基づいて中小企業庁が発表している『中小企業白書』の開業率と廃業率について、数字を大幅に変えたからだ。

中小企業白書2016年では、「日本再興戦略2016」(2016年6月2日閣議決定)でも、開廃業率のKPIとして用いられているため、本分析では当該指標を用いる、と記している。
※ KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。

開業企業数と廃業企業数

※ このエントリーは、2012年12月8日に作成したものだが、最新のデータを基に2016年5月4日に三度目の修正をした。
※ しかし、総務省の[企業統計調査]に基づいて中小企業庁が発表している『中小企業白書』の開業率と廃業率について、数字を大幅に変えたために、このデータはオフィシャルなものではなくなってしまった。

※ よって、2018.8.6.に【改定】 倒産企業数と廃業企業数 を作成した。
それが最新のデータとなるため、どうかそちらを参照されたい。

公表されている[倒産企業数]というのは、㈱東京商工リサーチという民間企業の発表によるものだ。

一方、なかなかマスメディアでは公表されないものとして、[廃業企業数]というもの

内藤明亜が倒産問題について発信する:opinion

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.