元事業経営者にして倒産経験のある内藤明亜の、倒産と闘う!ためのWebサイトです。

bnr_book

これまでの面接相談者数:940(2020.7.31.現在)

 

What's new

新型コロナウィルス感染症対応について 【改定】

新型コロナウィルスは、社会的に大きな影響を及ぼしております。

当事務所では、当面は直接面談ではなく[Skype]や[Zoom]などを使った【オンライン相談】を原則とすることとしました。

本来第一回目の初対面対応は、決算書や資金繰り表をなどの資料を前に面談することが望ましいのですが、感染拡大防止に沿う形で行うには、リモートによる【オンライン相談】にせざるを得ないと判断したものです。
必ずしも【直接面談】は一切行わない、というわけではありません。当面は依頼人の方からの要請があれば対応します。
当面は【オンライン相談】を原則とすることを、どうかご了承ください。
時期については、[ここ当面]とします。
それ

電話での経営相談は、かえって遠回り

※ このエントリーは2013年9月2日に書かれたものだが、新型コロナウイルス感染症下に合わせて2020.7.25.に五度目の修正をした。

※ 新型コロナウイルス感染症は当事務所での相談にも大きな影響を及ぼしております。
当事務所では経営危機に関わるたいへんデリケートな問題を扱うので今までは【面談】を前提としていましたが、新型コロナウイルス感染症下のこれからはオンラインによる相談にも力を入れていくことになりました。

初対面で[決算書]や[資金繰り表]を公開するには大きな抵抗があることと思います(オンラインの場合は事前にお送りいただくことになり、より不安が増すことでしょう)。
そこで【A】オンライン(電話)簡易相談】をはじめることとしまし

計画倒産、偏頗弁済、詐害行為、の疑問

※ このエントリーは2018.12.17.に書かれたものだが、新型コロナウイルス感染症下に合わせて2020.7.25.に三度目の修正をした。

※ 新型コロナウイルス感染症は当事務所での相談にも大きな影響を及ぼしております。
当事務所では経営危機に関わるたいへんデリケートな問題を扱うので今までは【面談】を前提としていましたが、新型コロナウイルス感染症下のこれからはオンラインによる相談にも力を入れていくことになりました。

初対面で[決算書]や[資金繰り表]を公開するには大きな抵抗があることと思います(オンラインの場合は事前にお送りいただくことになり、より不安が増すことでしょう)。
そこで【A】オンライン(電話)簡易相談】をはじめることとし

計画倒産は犯罪なのか

※ このエントリーは2019.52.27.に作成したものだが、新型コロナウイルス感染症下に合わせて2020.7.25.に三度目の修正をした。

※ 新型コロナウイルス感染症は当事務所での相談にも大きな影響を及ぼしております。
当事務所では経営危機に関わるたいへんデリケートな問題を扱うので今までは【面談】を前提としていましたが、新型コロナウイルス感染症下のこれからはオンラインによる相談にも力を入れていくことになりました。

初対面で[決算書]や[資金繰り表]を公開するには大きな抵抗があることと思います(オンラインの場合は事前にお送りいただくことになり、より不安が増すことでしょう)。
そこで【A】オンライン(電話)簡易相談】をはじめることとし

内藤明亜が倒産問題について発信する:opinion

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.