元事業経営者にして倒産経験のある内藤明亜の、倒産と闘う!ためのWebサイトです。

bnr_book

これまでの面接相談者数:918(2019.9.30.現在)

 

What's new

一般的な倒産処理 - 弁護士事務所に駆け込む

※ このエントリーは2019.6.16.に書かれたものだが、よりご理解を深めていただくために2019.10.19.に修正をした。

経営している会社が「破綻する」「倒産する」と思ったら、まず何をするか。

一般的には、「弁護士に相談に行く」ことになる。

倒産処理に弁護士は欠かせない。
誰に相談しても「弁護士のところに行きなさい」と言われる。
ネットで検索すると、弁護士の広告があふれるほど目に触れる。

破産の申立て代理人は弁護士しか認められていない。
破産申立ての代理権は弁護士にしか認められていないからだ。
地裁に申し立てたいと言っても「弁護士に相談しなさい」と言われるだけだ。

<

廃業処理はどうするのか(会社の終わらせ方)

※ このエントリーは、「廃業処理はどうするのか」というタイトルと、「会社の終わらせ方」というタイトルで2013年12月に作成したものが重複するところもあったため、より判りやすくするためにタイトルも改め、2014年4月2日に統一的に修正した。さらに判りやすくするために2019年10月10日に四回目の修正をした。

廃業処理はどのようにするか、会社を終わらせるにはどうするか。

事業体(法人化してある会社でも法人化していない個人事業でも。以下は会社と記述する)の決算内容(財務内容が債務超過かどうか)によって、その処理方法は大きく変わる。

【債務超過かどうか、の見分け方】

決算書の[貸借対照表]の、左側にある[資産の部(流動資産と固定資産)

【改定】 開業企業率と廃業企業率 【付記】を加えた

※ このエントリーは、2016年5月4日に三度目の修正をしたものを、2019.10.6.に【付記】を記し、三度目の改定をした。

※ 改定前の『開業企業数と廃業企業数』はそのまま置いておく。

※ 以下の、中小企業庁が発表している『中小企業白書』の開業率と廃業率について、数字を大幅に変えた原因が判明したので、【付記】として加えた。

改定した理由は、総務省の[企業統計調査]に基づいて中小企業庁が発表している『中小企業白書』の開業率と廃業率について、数字を大幅に変えたからだ。

中小企業白書2016年では、「日本再興戦略2016」(2016年6月2日閣議決定)でも、開廃業率のKPIとして用いられているため、本分析では当該指標を用いる、と記し

内藤明亜が倒産問題について発信する:opinion

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.