※ 以下、[銀行]という用語は一般的な預金を預かる金融機関(信用金庫、信用組合、農協など)を指す。

不渡り手形を出したりすると、[銀行取引停止処分]になるとされているが、実はそんなことはない。
正確には[当座預金口座取引停止処分]になるにすぎない。
本来はないはずの[銀行取引停止処分]という言葉が流通している理由は、銀行にとって都合がいいからだろう。

銀行取引停止処分と言う言葉から、当座預金口座だけでなく普通預金口座も停止されるように思えるが、契約上は普通預金口座が閉鎖されることはない(当事者が了解すれば閉鎖されることはあり得るが)。

当座預金口座は閉鎖される。
すなわち、その段階で振り出している約束手形や小切手は残高があっても決済されない。当座預金口座への入金もすることはできなくなる。
振込み入金はされたことがあった、と聞いたことはあるが昔のはなしなので今のことはわからない。

普通預金口座が閉鎖されることはない。
振り込みがあれば入金される。入金はされるがほとんどのケースで引きおろしができなくなる。銀行サイドがそのような処置をするからだ。
普通預金口座は、入金はされることができるが引きおろしはできない。その入金分は銀行が押さえてしまうのだ。もちろん銀行から借入などの債務があるためで、約定に記されているからだろう。

最後の振込入金を給与に充てようなどと思っていたりすると、それができなくなる。しかも、そのことを通告することなく実行するので、よくトラブルになることがある。それはそうだろう、最後の振込入金を給与(労働債権)に充てようと考えていたのに銀行の借入債務に取られてしまうのだから。ちなみに、労働債権は金融債権よりも優先債権である。

この処置は、どうみてもアンフェアな印象を持つ。
一般に知られている[銀行取引停止処分]と言う言葉が流通しているのをいいことに、その正確な契約内容(運用内容)を教えることなく、不渡りなどが起こると当座預金口座は閉鎖し、普通預金口座は入金は受け付けながら引きおろしはできなくして、自行の債権の回収を最優先させる。

銀行取引停止処分という言葉は、[当座預金取引停止処分]にすぎない。
普通預金口座が停止(閉鎖)されることはなく、入金はされるが、それは債務があれば凍結される。
このことは、明らかにしておく必要があるとわたしは考える。