経営危機コンサルタント・内藤明亜のブログです。

 

不渡り手形を出すと「銀行取引停止処分」になると言われています。

この取引処分内容についても正しく知っておきましょう。

※ 以下、[銀行]という用語は一般的な預金を預かる金融機関(信用金庫、信用組合、農協など)を指します。

「銀行取引停止処分」とは

「銀行取引停止処分」は、「不渡処分」「取引停止処分」とも言います。

不渡り手形を出すると、銀行から取引を停止されるのですが、
正確には
[当座預金口座の取引停止処分]
であって、
「普通預金口座」
の取引は停止されません。

[銀行(とのすべての)取引停止処分]というニュアンスで言葉が流通しているのは、
銀行にとって都合がいいからかもしれません。

契約上は、普通預金口座が閉鎖されることはありません。(当事者が了解すれば閉鎖されることはありえますが)ですが、後述のような不具合が発生します。

 

当座預金口座を閉鎖された場合

その段階で振り出している約束手形や小切手は残高があっても決済されません。
当座預金口座への入金もすることはできなくなります。

 

 

普通預金口座は閉鎖されないが引き出せなくなる

振り込みがあれば入金されます。
ただし、ほとんどのケースで引き出しができないよう銀行が処理をします。
入金分を銀行が押さえてしまうのですが、銀行から借入などの債務があるためで、約定に記されていると思われます。

しかも、銀行側は経営者に通告することなく実行するため、トラブルになることもよくあります

経営者は、最後の振込入金を給与(労働債権)に充てようと考えていたのに、銀行の借入債務に取られてしまうからです。(ちなみに、労働債権は金融債権よりも優先債権です)

この処置は、どうみてもアンフェアに思えます。

[(すべての)銀行取引停止処分]と言うニュアンスで
言葉が流布しているのをいいことに、
その正確な契約内容(運用内容)を教えることなく、
不渡り等が起こると当座預金口座を閉鎖。普通預金口座は、入金を受け付けながら引き出しできないようにして、自行の債権の回収を最優先させているわけですから。

いずれにせよ、当座預金口座はもちろん、普通預金口座も
自社の支払いのためには使用できなくなるのですから、
不渡りを出しそうだという時は要注意です。

大至急、処置が必要な段階です。

 

(初出:2012年11月30日 修正:2021年1月27日)

 

 

【経営危機コンサルタント・内藤明亜事務所】とは?

『倒産は【終わり】ではなく、単なる【曲がり角】にすぎない。
経営者にとってはその先の【再起・再建】こそが大事だ』

をモットーに、経営危機に陥った全国の経営者からの倒産・経営危機相談に対応している。
25年以上、940件以上の相談実績を持つ。

また対応方針として、
【倒産が避けられない場合は、ダメージの少ない倒産処理をする】
【経営者の利益を合法的に可能な限り最大化する
【経営者に再起再建の道を見出していただく】

を掲げている。

◆経営危機コンサルタント・内藤明亜のご紹介
15年の事業経営の後、1994年に約2億円の負債を抱え倒産。
自宅をヤミ金融業社に占拠されるなど、”最悪の倒産”を経験した。
経営危機コンサルタント内藤明亜

1995年、自らの倒産経験を元に著した『倒産するとこうなる』出版後に倒産相談が殺到、その後”経営危機コンサルタント”として再起する。
現在に至るまで940件を超える倒産・経営危機相談に対応している。

著書は『倒産するとどうなるか』(明日香出版社)『倒産なんてこわくない』(徳間書店)など多数。
東京新宿に事務所を構え、全国の経営者の倒産・経営危機相談に対面・オンラインにて対応している。


こちらのページもご覧ください

当事務所の経営危機への対応方針〜経営者の再起・再建を最も重視します〜

ご相談の流れと費用〜まず面談予約をお取りください・年中無休〜