新型コロナウィルスは、社会的に大きな影響を及ぼしております。

当事務所では、当面は直接面談ではなく[Skype]や[Zoom]などを使った[Web相談]を原則とすることとしました。

本来第一回の初対面対応(ファースト・コンタクト)は、決算書などの資料を前に面談することが望ましいのですが、緊急事態宣言による外出自粛要請、感染拡大防止に沿う形で行うには、リモートによる[Web相談]にせざるを得ないと判断したものです。

時期については、[5/31(日)まで]とします。
それ以降どうするのかについては、その段階になってから改めて発表いたします。

面談を再開した段階では、
・人と人との間の距離(ソーシャル・ディスタンス)を保ちます。
・30分に一度程度、換気(空調)をします。
・手洗い洗剤、アルコールによる消毒液は、常備してあります。
・面談は、なるべく短時間で終わらせるようにします
・当方はマスクは必ず着用いたします。
・依頼人の方にもマスクを着用していただきます。
など最大の配慮をして依頼人の方との面談を実施するつもりです。
ただ、風邪症状がある、体温がやや高めである、だるいなどの症状など、なんらかの体調不良がおありの場合は[Web相談]をお願いします。

当事務所の対応は、緊急を要するものが多いため、対応そのものを閉鎖することは現段階では考えておりません。
倒産処理であれば代理人の弁護士が必要となりますが、対応していただける弁護士の先生も確保してあります。
ご安心ください。

どうぞ、ご理解ください。