なんと。

一億円以上。

売掛金の回収、会社保有不動産の売却、などで得られた倒産会社の財産が非常に多く、債権者への配当も30%ほど確保できたため、地裁からその金額を取るようにと言われたということだ。

2010年のことだったという。
東京の弁護士の間で語り草になっているそうだ。