元事業経営者にして倒産経験のある内藤明亜の、倒産と闘う!ためのWebサイトです。
What's new

ご連絡(ごあいさつ)

新型コロナウイルス感染症倒産相談について 【改定】

この新型コロナウイルス感染症の及ぼす小規模零細企業への影響は、かなり深刻なものになることは明らかだと思います。

三月以降の相談では、
・自粛要請を受けて店を閉めたので、売上げがなくなった。
・買掛先や外注先から支払いを求められているが、資金が不足している。
・金融機関に相談しても、思うように対応してくれない。
・店を閉めても、一般管理費に当たる人件費などが払えない。
・賃借料を払えなくなると店を出ざるを得ない。
・光熱水費が払えない。
など、切迫している相談が多くなっています。

当事務所としては、
・この新コロ問題が起きる前から経営状態(財務状態)が悪かったのであ

オンライン相談の実際 【改定】

※ このエントリーは、2020.5.15.に作成したものだが、より判りやすくするために2020.7.1.に二度目の修正をした。

この新型コロナウイルス感染症は当事務所での相談にも大きな影響を及ぼしており、オンラインによる【A】【オンライン(電話)簡易相談】をはじめました。

【A】 【オンライン(電話)簡易相談】 (11,000円)
東京新宿の当事務所に来られない方や、初対面で直接相談することに抵抗感のある方を対象とした相談方法です。
匿名可能。波口が対応します。
[Skype]や[Zoom]などを使ったオンライン、もしくは[電話]による一時間以内の簡易相談です。
決算書や資金繰り表によることのない、不安の解消や

新型コロナウィルス感染症対応について 【改定】

新型コロナウィルスは、社会的に大きな影響を及ぼしております。

当事務所では、当面は直接面談ではなく[Skype]や[Zoom]などを使った【オンライン相談】を原則とすることとしました。

本来第一回目の初対面対応は、決算書や資金繰り表をなどの資料を前に面談することが望ましいのですが、感染拡大防止に沿う形で行うには、リモートによる【オンライン相談】にせざるを得ないと判断したものです。
必ずしも【直接面談】は一切行わない、というわけではありません。当面は依頼人の方からの要請があれば対応します。
当面は【オンライン相談】を原則とすることを、どうかご了承ください。
時期については、[ここ当面]とします。
それ

当事務所のパートナーをご紹介します

波口鷹行(なみくちたかゆき)さんです。
五十歳台半ば、働き盛りです。

わたし内藤明亜は、二十五年にわたり当事務所をひとりで運営し、九百人以上の方の対応をしてきました。
これまで、一切の苦情もなく(ネット上でもクレームはありません)過ごしてきました。
対応量は多いのですが、いかんせんわたし自身の倒産破産体験が二十五年以上前のことで、現在の倒産の運用、裁判所の破産の運用と違ってきている部分も生じています。

波口は、五年前に事業を停止し昨年9月に当事務所の対応で破産しました。ご紹介した弁護士もわたしが二十年来お願いしている先生でした。
ということで、倒産と裁判所の破産の運用については最新の情報を持っておられます。

お詫び [メール(フォーム)お申込み]の不具合

当ホームページの[相談お申込み]の[メール(フォーム)お申込み]が、機能していなかったようです。
WordPressのセキュリティ強化のためだったとのことです。

このページから相談お申込みをされようとした方には、たいへん申し訳ないことをしました。
4/3(金)に修正しました。
これからは、ちゃんとお申込みいただけます。

心からお詫び申し上げます。
どうか、ご容赦ください。

年末・年始のご案内

当事務所の本年(2019年)の年末年始の営業は以下です。

年内は、12月27日(金)まで。

年明けは、1月6日(月)から。

ただし、緊急の場合は対応できる場合がありますので、ご連絡してみてください。

電話およびメール(フォーム)でのお申込みは365日うけたまわっています。
ただし、電話の場合は留守番電話になっていることもあり得ますので、その場合は時間をおいておかけ直しいただくか、メッセージを残しておい

web版R25に掲載されました。

2014.12.26に、[web版R25]に
[年間6%が廃業!10年後の企業は半分だけ…「会社が倒産!」その時どうする?]
が、掲載されました。

これは、サラリーマン向けのメディアです。
サラリーマンにとって、就業する会社が突然倒産するような事態に遭遇したときにはどうするべきか、について語った談話が掲載されたものでした。

興味ある方は以下を参照してください。
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20141226-00039801-r25

講演(11/26京都府京丹波町)のお知らせ

以下の通り、講演が行われますのでお知らせします。

【日 時】 平成26年11月26日(水)19:30~21:00
【場 所】 京都府・京丹波町商工会
【主催者】 京都府・京丹波町商工会 瑞穂支所
〒622-0321 京都府船井郡京丹波町橋爪檜山53  TEL.0771-86-0003
【対象者】 中小企業経営者(個人経営者)
【演 題】 『金融機関を味方にして事業継続を実現~会社を元気にするチェックポイント』

詳しくは上記[京丹波町商工会 瑞穂支所]にお問い合わせください。

七月になりました。

四月に消費税が8%に増税になりました。
小規模零細企業の中にはこの増税分が転嫁できずに苦しんでいる方は多いのです。
法改正だからと単純に転嫁できない風土が、この国の小規模零細企業にはあります。

事業承継 - 週刊ダイヤモンド

diamond現在発売中の週刊ダイヤモンド(2013.11.9.号 定価690円)の特集は
[ 完全対策 事業承継 ]です。

この特集の、59pのサブ特集[廃業]に参加(談話提供)しています。
そのほか、40-41pの[覆面座談会]にも部分的に協力しました。

事業承継が可能なのは、特段の事情がない限り債務超過になっていない会社のみです。
会社に少しでも債務が残っている場合は、

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.